友釣りに使う鼻環(ハナカン)って何なのよ?

友釣りに使う鼻環(ハナカン)って何なのよ?

鮎の友釣りって色々と小物が多く、他の釣りでは使わないものも多いんですよね。鮎も友釣りに必ず出てくる「鼻環(ハナカン)」についてどんなものか見ていきたいと思います。

ベテラン鮎師にとっては当たり前でも、初心者には1つ1つの道具が意味不明だったりしますからね。

鮎はエサじゃなくて鮎を付ける

鮎は魚釣りの常識がちょっと通用しない釣りです。

エサやルアーで釣るのが一般的なんですが、鮎をくっつけて鮎を釣ります。鮎をくっつけるために「鼻環(ハナカン)」を使うんですよね。

鮎の鼻の穴に金属の環を通す

鮎のイラストを見てみると、鮎の目と口の間に鼻があってここに鼻カンを通します。(イラストで赤い丸で表現してあるのが鼻カンを通したイメージです)

正直これじゃイマイチイメージが湧きにくい、という人もいるかもしれません。

そこでですね、牛さんを思い出してみてくださいよ。牛乳のパッケージとかに書いてあるようなイラスト。

まさにこんな感じ。これなら小学生でもイメージが湧きやすいんじゃないでしょうかね。

ぶすっ!とぶっ刺すわけなんですよ。なんだか痛そうですが、魚には痛覚が無いという噂なのでそこは気にせずぶっ刺します。

で鼻環の仕組みは

こうなってまして、青い部分を鼻の穴の片方から、反対側の鼻の穴へ真っ直ぐと押してあげるとすんなりと入ります。

当然鼻カンだけじゃ魚は糸につながってないので、「鼻カン周り」という仕掛けを作って(買って)糸に接続します。

タイプは主にこの2種類が多いかな。

これが鼻環の仕組みです。

※鼻カンと掛け針の組み合わせはこちら

エサを使わない釣りなので、小物がどうしても増えてしまうのが鮎釣りのハードルを上げている原因なのかもしれませんね。1個ずつ見ていけばそんなに難しいものではなく、パーツの役割さえ理解してしまえば、結構簡単です。

最初は誰でも初心者です。1つずつ覚えて1匹目の鮎を手にしてみてくださいね。