【初心者向け】鮎竿の選び方

【初心者向け】鮎竿の選び方

釣り具屋へ行くと鮎竿がたくさん並んでいるのを見かけることができます。

初心者はどんな鮎竿を選んだらいいのか見ていきたいと思います。

鮎竿は長さと硬さで選ぼう

鮎竿を選ぶポイントは長さと硬さです。

素材を使う量の違いなのか、短い竿はお値打ちで、長い竿は高い傾向にあります。もちろんこれだけではありませんが、基本的にはそのようなイメージで大丈夫です。

鮎釣りに行く場合、あなたはどの川をホームグラウンドにする予定ですか?

まずそこが決まってからだと、選ぶ竿の長さと硬さが大体決まってきます。

大河川なら9メートル、小河川は7~8メートル

大河川、鮎釣りのメッカである九頭竜川や、関東ならば那珂川、中部なら長良川、九州なら球磨川などが有名なところでしょうか。

水の量が多く広いところではやはり長いところまで届く長い竿が便利です。10メートルという竿もありますが、初心者では正直持て余してしまう可能性が高くなるので、9メートルが最初の1本としては使いやすいでしょう。

また小さな河川だと9メートルは長すぎて扱いづらいときがあります。特に木が覆いかぶさっているような小さな河川では7メートルクラスの竿もよく使われます。

長い竿と短い竿を2本用意できればベストではありますが、なかなかそういうわけにもいきませんので、初心者が最初に用意するのは9メートルをおすすめしたいと思います。

ただフィールドが小河川限定であれば8メートルや7メートルも視野に入ってきますね。

最初に買う鮎竿は早瀬がオールマイティ

鮎竿の硬さについてですが「早瀬」と言われるクラスの竿がオールマイティに使いやすいでしょう。

シマノではH2.5などの表記、がまかつでは硬調などという表記になりますが、ある程度瀬のポイントでも、トロ場やチャラの泳がせにも対応ができる竿です。

最初は鮎釣りを覚えていく段階で、色々対応できた方が鮎の動きや泳がせ方などを身に着けるには最適だからですね。

ただ全国的にも大鮎のメッカである球磨川の大鮎は、早瀬クラスだとあっという間に持っていかれる可能性があります。下手すれば折れてしまいますかね。

これから通おうとしているホーム河川のサイズや水押しの強さなどをチェックしておきましょう。

瀬という流れの強いポイントが好きなら少し硬めの竿、チャラ瀬やトロ場などでの泳がせ釣りが好きな方は少し柔らかめの竿が扱いやすいです。

最初は必ず竿を傷つける!お値打ちなので鍛錬すべし!

鮎釣り初心者は最初はなかなか仕掛けが上手に付けられなかったり、オトリを付けるのに苦労します。

そこで竿を肩にかついで上手に仕掛けをセットするのは至難の業。(慣れてくれば普通にできるようになるんですけどね)

そこで地面に置いたり、石にこすったりして、鮎竿を必ず傷つける場面が多くなります。

そこで小キズから竿が折れたり口元が欠けてしまったりするケースが出てきます。

そのためいきなり高い竿を購入するのは避けた方が無難かもしれません。6万円以下で十分鮎釣りを楽しめる竿が各社から販売されているので、それらの竿を最初の1本で選んでいただくといいでしょう。

鮎竿は非常に高値ですが、比較的お値打ちに購入できるものもあります。へたをすると3万円代、4万円代というものも。

最初はそれくらいの竿から、自分の腕を磨いていきましょう。そして上達してきたら竿も一緒にステップアップしていきたいですね。